東京の中目黒にあるリノベーションデザイン会社
 





WHAT'S RENOVATION ? リノベーションとは  
 



 
リノベーションとはなにか

"リノベーション" という言葉を よく耳にするようになったのは、数年前からの話でしょう。
私が 初めて聞いたのは ブルースタジオと言う会社の「リノベーション物件に住もう」という本を見た時からでした。
それ以来、私の中では( リノベーション = かっこ良くした中古住宅 )というのが定義でした。

ところが、いろいろ調べてみると、どうやらリノベーションというのは、単にかっこ良く、中古ストックを再利用という
意味だけではなく、もっと 社会的にも大きな意味があり、都市や 環境を含めた 考え方があることに 気がつきました。

そうした 大きな枠組みの中でリノベーションを語るときは、おそらく 大規模な工事が前提となり、マンションのリノベ
ーションといった場合、マンション全体の改修工事が対象となるのでしょう。個人的には、以下の説明が一番 簡潔に
説明していると思います。

"リノベーション"とは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり、
価値を高めたりすること。建物の経年に伴い、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに時代の変化にあわせて、
新築時の機能・性能以上に向上させること。

具体的には、耐震性や防火安全性確保し耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約、IT化 など、変化する
建築機能の対応・向上のために行われる。外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、
冷暖房換気設備の更新などを言うようです。(参考 ALL About)

また一方、情報誌や不動産売買等でうたわれる「リノベーション」「リノベーション物件」というのは、少し大きな意味
を はしょり、単に「デザイン性の高いリフォーム」を指しているように思われます。簡単にいえば「デザイナーズ?」
みたいな表面的な使い方をしているようです。


 


 
リノベーションとリフォームのちがい

「リフォーム」と「リノベーション」の大きな違いは、簡単にいえば 工事の規模でしょう。
壁紙の張り替えなどの仕上材の新調や、システムキッチンやユニットバスの入れ替え程度の小規模な工事は「リフォーム」
に分類され、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などの 大規模な工事を「リベーション」と位置づけら
れるのではないでしょうか。


また もう1つの違いとして言えるのは、
建物の初期の性能以上の工事であるかということです。
その工事が、建物の初期の性能以上であれば「リノベーション」。

建物の初期の性能と同等か、またはそれ以下であれば「リフォーム」
ということになります。

 


 
リノベーションで資産価値UP

リノベーション物件は、付加価値のついたデザイン物件で 資産運用としても有効に活用できます。
ストック利用による初期投資の軽減と低金利効果もプラスされ、賃貸として貸したり、利回り物件として転売したり
することにより利益を得ることができます。

市場の中では、いかに競争力のある商品を作るかが 勝負の鍵となります。最近では 様々な角度から、独自性の高い企画が
なされるようになってきました。リノベーションの分野で 特に目立つのは、ニッチなターゲット層に絞りこむということ
でしょう。無難に手広くではなく、常識的には条件の悪いと判断されるものも見方を変えることで 付加価値を付けてしまう
という方法です。

たとえば、駅から離れているから静かだとか、北側窓は景色がきれい。古い構造がレトロなインテリアとして使える。
うるさい場所だから気兼ねなく演奏ができる。坂道はキツイが景観は最高。といった具合に、なんでもデメリットを
メリットにしてしまい、その中から ニッチなターゲットを拾いだすという方法です。

その他には、一棟丸ごとコンバージョン(建物の用途変更)などの手法も使いながら、シェア住宅や シェアオフィス、
バイクが入れられる部屋、ソーシャルアパートメントなどの企画なども行われています。